人気ブログランキング |
<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「第72回カンヌ国際映画祭」最高賞パルムドールに『Parasite』
日本公開日はまだ決まっていませんが、
是非観に行きたいと思います。
本作の日本での配給権は「ビターズ・エンド
facebook:https://www.facebook.com/BittersEnd/
Twitter:https://twitter.com/BittersEnd_inc
ポン・ジュノ監督の『기생충(寄生虫)』が
韓国初の快挙!
「第72回カンヌ国際映画祭」最高賞パルムドール受賞
本作は
2019年5月21日の第72回カンヌ国際映画祭で世界初上映され
5月30日に韓国で封切られる。


家族の誰も仕事をしていないギテク(ソン・ガンホ)一家だが、
あるとき長男(チェ・ウシク)が家庭教師として面接を受けることになる。
長男は期待を胸にパク社長(イ・ソンギュン)の豪邸を訪れ、
贅沢な暮らしぶりを目の当たりにするも、
予期せぬ出来事に巻き込まれていく。
貧富の差という普遍的な問題を取り上げた作品。
共生できず、寄生するしかない社会の構造に対する問題意識を、
ブラックコメディーという形で浮き彫りにした。

ポン・ジュノ監督の新作『Parasite(기생충)』は、
全員失業中の家族と富豪一家の物語が交錯する異色ファミリードラマ。
『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』『スノーピアサー』に続き、
ポン監督とは4度目のタッグとなる、韓国の名優ソン・ガンホが主演し、
イ・ソンギュン、チェ・ウシクらと共演する。
近年ハリウッドで活躍しているポン監督にとって、
おおよそ10年ぶりの韓国映画となる。










受賞理由は


La bande-annonce de "Parasite", Palme d'or 2019 du Festival de Cannes




【キャスト】
キテク - ソン・ガンホ
パク社長 - イ・ソンギュン
ヨンキョ - チョ・ヨジョン : パクの妻。
ギウ - チェ・ウシク : キテクの息子。
ギジョン - パク・ソダム : キテクの娘。
チョンソク - チャン・ヘジン : キテクの妻。
ムンクァンジュ - イ・ジョンウン : パク宅の家政婦。
ダヘ - チョン・ジソ : パクの娘。
ダソン - チョン・ヒョンジュン : パクの息子。
パク・ソジュン : ギウの友人でパク宅の元家庭教師。(特別出演)
f0077885_16360665.jpg

本作の日本での配給権は「ビターズ・エンド
facebook:https://www.facebook.com/BittersEnd/
Twitter:https://twitter.com/BittersEnd_inc

by leechanlbh | 2019-05-26 16:05 | BH作品以外の作品
Take it Slow and easy
平井 大 / 「Slow & Easy」Music Video



【お知らせ】
当blogは開設当初より、
有料コースで進めてきましたが、
この5月をもって無料コースに変更することに致しました。

無料コースには制限があります。
中でも容量の制限が一番影響があり
画像が表示されない可能性が有るのではと思います。
今のところ詳細な把握が出来ていません。
申し訳ありませんが、
6月に入った時点で色々と不具合が発生する可能性もあります。
時間が許す限り、対処していこうとは思っております。

ご了承ください。

「なんてったって LBH!!」ブログ主leechan

by leechanlbh | 2019-05-25 18:31 | ご挨拶
祝!男性最優秀演技賞

f0077885_08180038.jpg


レカペのBH



俳優イ・ビョンホンが‘2019百想芸術大賞’ TV部門男最優秀演技賞を受賞した。

受賞コメント
「1部終わっ授賞者のチョ・スンウさんからメールが来た。
『最優秀男優賞を授賞する時、ヒョンの名前を呼ぶことができたらいいな』
という話をしたが、それが現実になったからとても嬉しくて戸惑う。
ミスターサンシャインを共に作っていった人々、
作品を愛してくれた多くの方々の心の中の熱が
十分に冷めた時間にも関わらず栄光な賞を抱くことができたのは、
多くの方々から熱く愛していただけたから。
天才的な文章を書くことで有名なキム・ウンスク作家の台詞を
話すことで表現し、やり遂げることができた経験、
時には大胆であり繊細なイ・ウンボク監督と作業することができて光栄だった。
共に出演した俳優たちにも感謝の意を伝えたい。
子育てに多くの助けが出来なくて、家に長くいられなかった。
それでも応援と声援を送ってくれた妻と息子に栄光を譲りたい。感謝する」
と所感を終えた。



8部門でノミネートされた『ミスター・サンシャイン』だったけど、
強敵は多くて、蓋を開けてみれば、男優賞のみの栄冠だったようですね。

CSでは韓ドラが早々に日本放送してくれるので
話題のドラマはチェックしていると何かと役に立つ。

今現在、アジドラで放送中の『私のおじさん』も
嵌まって観ているのですが、
作品賞と脚本賞の受賞は、頷けます。

大賞のキム・ヘジャ主演の『眩しくて』も
とても興味があります。
若き頃をハン・ジミンが演じている点でも気になっていました。


受賞結果


【TV部門】
▲大賞=
キム・ヘジャ 
tvN『眩しくて』

▲ドラマ作品賞=
tvN『私のおじさん』

▲芸能作品賞=
MBC『全知的おせっかい視点』

▲教養作品賞=
KBS『ジャーナリズムトークショー』

▲演出賞=
チョ・ヒョンタク
JTBC『SKYキャッスル』

▲男性最優秀演技賞=
イ・ビョンホン
tvN『ミスターサンシャイン』

▲女性最優秀演技賞=
ヨム・ジョンア
JTBC『SKYキャッスル』

▲男性助演賞=
キム・ビョンチョル
JTBC『SKYキャッスル』

▲女性助演賞=
イ・ジョンウン
tvN『眩しくて』

▲男性新人演技賞=
チャン・ギヨン
MBC『ここに来て抱きしめて』

▲女性新人演技賞=
キム・ヒェユン
JTBC『SKYキャッスル』

▲男性芸能賞=
チョン・ヒョンム
MBC『私は一人で住んでいる』

▲女性芸能賞=
イ・ヨンジャ
MBC『全知的おせっかい視点』

▲脚本賞=
パク・ヘヨン
tvN『私のおじさん』

▲芸術賞=
VFXパク・ソンジン
tvN『アルハンブラ宮殿の思い出』

▲Vライブ人気賞=
イ・ジウン
tvN『私のおじさん』
ド・ギョンス
tvN『100日の郎君様』


映画部門も気になりますね。
ではチェックします。


【映画部門】
▲大賞=
チョン・ウソン
『証人』

▲作品賞=
『工作 黒金星と呼ばれた男』

▲監督賞=
カン・ヒョンチョル
『スイングキッズ』

▲男性最優秀演技賞=
イ・ソンミン
『工作 黒金星と呼ばれた男』

▲女性最優秀演技賞=
ハン・ジミン
『ミス・ペク』

▲男性助演賞=
故キム・ジュヒョク
『督戦』

▲女性助演賞=
クォン・ソヒョン
『ミス・ペク』

▲男新人演技賞=
キム・ヨングァン
『あなたの結婚式』

▲女性新人演技賞=
イ・ジェイン
『サバハ』

▲新人監督賞=
イ・ジウォン
『ミス・ペク』

▲シナリオ賞=
クァク・キョンテク、キム・テギュン
『暗数殺人』

▲芸術賞=
撮影ホン・ギョンピョ(バーニング)

【演劇部門】
若い演劇賞=
ソン・スヨン
『アクトレスウォン:国民ロボット俳優1号』

【特別賞】
バザーアイコン賞=
キム・ヘス


by leechanlbh | 2019-05-02 16:09 | ミスターサンシャイン
|ページトップ|