15周年記念再公開でのGV
공동경비구역 JSA - 뮤직비디오 (Joint Security Area JSA - M/V, 2000)


再公開に記念サインを寄せたイ・ヨンエとシン・ハギュン
10Asia
イ・ヨンエ:「忘れることができない ‘共同警備区域JSA’。封切り 15周年心よりおめでとう」
シン・ハギュン:「封切り15周年。アップグレードになった再封切り、多くの関心お願いします」


10/16 19:00~
15周年記念再公開にあたり
パク・チャヌク監督登壇でGVが開催された。
開催されたロッテシネマワールドタワースーパーフレックス G館は
世界で一番大きいスクリーン(34M x 13.8M)で
ギネスブックに登載された最新式映画館である。




そこでのGVで話された裏話の中から
それぞれの俳優についてと
毎晩酌み交わした時の様子を
抜粋しておきます。

俳優たちのスタイルについて

「まずシン・ハギュンは言葉がない。
じっとしていて監督がさせる場合に限り喋っていた。
それで『言いなり』が上手かったよ。
そうするうちにあらかじめ話をしないまま
自分が考えたそれなりの方式でやってしまう。
これにより直してみようとすればそれだけで十分だった」

「ソン・ガンホは考えが多く、監督と意見を交わしたがる」

「キム・テウは映画の中のキャラクターと同様に
悩みも多く迷うことが多い」

「イ・ビョンホンは、アイデアが多く無尽蔵に出す方だ。
怜悧な俳優である上、すべて一理ある意見だった。
夢中になりすぎるので、気をつけなければならなかった。
ひとつを選択するべきなのに
それらしい方法をいくつも出すから悩みになったよ」




撮影中の飲み会について


「今でも、ソン・ガンホは後輩とか弟らしくない。
年齢は私よりはるかに下なのに時々兄のようだ。
『共同警備区域JSA』の時から気がよく合った。
ふたりともお酒が好きなので、お互いに通じた。

当時ソン・ガンホとお酒を本当にたくさん飲んだ
シン・ハギュンもお酒を好む。
しかし、劇中、韓国側(イ・ビョンホン、キム・テウ)は
あまりお酒をよく飲まなかった。

だが、ソン・ガンホが兄であるから
呼べばみな酒の席にくることはきた。

兵士たちと私の5人で酒をたくさん飲んだ。

男たち5人が一晩酒を飲む時は
女性やスポーツ、軍隊の話もすることがあるのに
私たちはそのような話題はなかった。
ただこの映画に対する話だけした。
それだけみんな熱心にした」



参照記事:
スポーツ東亜①
スポーツ東亜②

この他、この時の監督の『JSA』に関するお話は
こちらを参照:
スポーツ東亜③
スポーツ東亜④
スポーツ東亜⑤




因みに

パク・チャヌク監督は11月 14日午後 3時
坡州出版都市内に位置したミョンフィルムアートセンターでも
観客との出会いを持つ予定である。



記事参照:
mydaily 2015/10/07

by leechanlbh | 2015-10-17 10:01 | JSA
<< インサイダーのプレコールWeb... |ページトップ| TVでインタビュー >>