歴代最短で1000万記録の『鳴梁』
チェ・ミンシク(52) リュスンリョン(44) 主演映画
『鳴梁』(監督金ハン・ミン)が
(邦題:鳴梁‐渦巻く海)
今年の韓国映画の中で初めて 1000万観客動員の高地を踏んだ
史上最短での興行速度だ

これにより、
3年連続で韓国映画1億観客の達成に青信号がともった

と言う記事です。

NEWSIS
因みに7/23封切りされた
映画『群盗』の主演俳優ハ・ジョンウとカン・ドンウォンも
500万と順調に数字を伸ばしています。



記事を概要いたしますと、

2012年、2013年の韓国映画は
2年連続で1億人の観客を越えた。
2012年11月20日に
昨年には10月5日に累積観客1億人となっている
しかし、今年韓国映画動員数は
1月に公開された映画『怪しい彼女』(863万人)を除いては
上半期には期待作が崩れて伸び悩んだ。
『アナと雪の女王』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『XMen』『スパイダーマン2』
などのハリウッド映画に押され
7月まで韓国映画の観客動員数は5177万300人にとどまっていた。


チョン·ジウク評論家は
「後半、韓国映画のふたが開かなけらば、
今年1億人突破するかどうかを知ることはできませんが
前半の成績だけで見た時は落ち込んだのは事実である。

封切りを待っている映画
カン・ドンウォン、ソン・ヘギョ主演 『どきどき私の人生』や

BIGBANGのチェ・スンヒョン主演で期待を集める
純制作費 80億ウォンの大作『タチァ2』

ファン・ジョンミン、キム・ヨンジン、オ・ダルス主演の
純制作費 135億ウォンの大作『国際市場』

イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ゴウン主演 の
純制作費 90億ウォンを使った『ヒョムニョ:刀の記憶』

製作コスト 70億ウォンをかけたハ・ジョンウの監督2作目
ハ・ジョンウ、ハ・ジウォン主演の『許三観売血記』

などの話題作が
残りを満たして 1億観客を記録しなければならない。

一方、1000万を超えた『鳴梁』は
6000〜7000回にも及ぶ上映回数により
他の映画に上映館を配慮しながら共に成長する姿勢が必要である。
お盆までゆっくりと観客を増やしていきながら成長するという方法が
他の映画に機会を与えることができるではないかと思う。
『鳴梁』が成功して光を見ただけに、
その影に敷かれた映画があるというのは残念だ。



参考までに現在の年間ランキング
(4位の弁護人は2013.12.18封切り)
1.鳴梁
2.アナと雪の女王
3.怪しい彼女
4.弁護人
5.トランスフォーマー
6.群盗
7.オール・ユー・ニード・イズ・キル
8.XMen
9.スパイダーマン
10.猿の惑星
11.キャプテンアメリカン
12.逆鱗
13.神の一手


と以後韓国映画が続く



【ひとりごと】
記事を読み終わって気が付いた
今まででもこのような感想を抱くことが多かったので
ここでひとりごとで呟いておく。

NEWSISって
持ち上げといて
後で落とすって記事が多い気がするが
これは私の偏見か?(苦笑)
by leechanlbh | 2014-08-11 20:14 | BH作品以外の作品
<< K-プロデューサーズ No.19-③ |ページトップ| K-プロデューサーズ No.19-② >>