Spectrum
Spectrum Magazineは、年四回出版されて、
韓国で選ばれた小売店とカフェで利用できる無料の雑誌です。


facebook[Spectrum]



それにしても妙な雰囲気を持った記事です

Spectrumprojects[directory]
画像5種類

Byung-Hun Lee
Acter


「俳優」と 「スター」は明らかに別の意味であるが、
多くの場合、一つに重なることがある。

前者に傍点を付けるこれらは大衆の人気に関係なく、
正道 扱いを受けたりして

後者に傍点を付けられるこれらは (彼らは悔しいかも知れないが)
ますます作品に関する期待を折るようになったりする

毎年新たな「スター」が浮上し、爆発的な大衆の人気を受ける
それが無限に続くところが芸能界であり、
そこの生命理論だ

このような状況で10年、
長くは20年以上人気を維持して、
良い作品を選んで大衆に披露し

上で述べた前者と後者とのバランスを維持するため、
これらを見ると、多くの場合、
そのような人々は '外界人'ではないか思ったりする。

スターが人々に夢を与え、
俳優が作品ごとに見える演技が
互角にバランスを維持すれば、さらなる話だ


이병헌は興味深い

作家主義監督のペルソナになって
作品の中をフワフワしながら歩き回っていながらも、

ハリウッドブロックバスターの中で
嘘のように飛び回っている

ある時、彼の声は、
ドキュメンタリーのベテラン声優のように聞こえたりして、
硬くバランスの取れた体と銅色肌は

青年のアクションスターのように見えることもある

이병헌は不惑を越えた。
しかし、
彼のフィルモグラフィーは、
まだ最高の全盛期が来ていないかのように

まだ生きてうねる。

インタビューをした日は、まだ寒い時であった。

黒のウールコートにゴム製革の靴を履いて、
コーデュロイパンツを穿いたまま
てくてくスタジオの
一人で歩いて入ってきた俳優に、
質問して答えを待っていた。

最初の質問は、映画の話ではなかった。




さて、ここには一切インタ内容が掲載されてない

今後上げてくれるのか
このプロローグだけなのか?

期待しながら・・・・・
by leechanlbh | 2013-04-19 21:39 | 本、雑誌
<< ヒーリングキャンプpart2「... |ページトップ| プレミア先行上映チケット発売詳... >>