3日 CGV龍山アイパークモール店
3日午後CGV龍山アイパークモール店で
映画『それだけが私の世界』のマスコミ試写会が開かれた。

俳優パク・ジョンミン、イ・ビョンホン、ユン・ヨジョンとチェ・ソンヒョン監督が出席し、
作品の話を交わした。

'그것만이 내 세상' 언론시사회 Full ver.(박정민, 이병헌, 윤여정)
by Movie-bee
https://youtu.be/L3cMfhGJtUg




映画上映後の記者懇談会でチェ・ソンヒョン監督は
「互いに正反対の相反したキャラクターが
一つの家族に仕上がっていく過程を描こうとした。
俳優たちがそれぞれ自分のキャラクターを研究し完成させた。」
と語った。

盛りを過ぎた元ボクサーチョハを演じたイ・ビョンホンは
「チョハキャラクターは私と似ている部分が多い。
シナリオの中のほとんどの感情を経験してみたので、
より自信を持って演技することができた」
と述べた。

パク・ジョンミンはサヴァン症候群の弟ジンテで
分析をした繊細な演技を披露した。
「サヴァン症候群の学生が特別な学校でボランティア活動をした。
本と映像でサヴァン症候群の特徴に接し
手の動きだけでなく、ジェスチャー、話し方など、
いくつかの表現をしようとした」
と自分のキャラクターを消化した秘訣を明らかにした。

イ・ビョンホンは、パク・ジョンミンの演技に対して
「2016年、様々な授賞式と映画祭で新人賞をさらう姿が印象深かった。
現場で私と瞬発力に呼吸を合わせる姿に多くの刺激となり、
今後はより一層期待される俳優」
と絶賛した。

事情を抱える母親を演じたユン・ヨジョンは
「イ・ビョンホン、パク・ジョンミン二人の俳優が良い演技を見せてくれて
本当の息子のように感じられる瞬間もあった」
とイ・ビョンホン、パク・ジョンミンとの呼吸の感慨を伝えた。

製作発表会場でストレートで突発発言をすることで有名なユン・ヨジョンは
この日の懇談会で、自分の方言演技に対する所感も明らかにした。
「方言演技を初めてしてみたがとても難しかった。
私は余計な欲を張った。
とにかく今回の映画は、私の失敗作である」
と口に出した。

映画の中での「ブレイクダンス」をびっくり披露したイ・ビョンホンは
「笑いを与え感動を与えるという明白な公式に従う映画だ。
多くの人がそのような映画を探して愛することは
感動の深さや色、ディテールが違うからだと思う。」とし
「ますます個人主義化されるようなほど潤いがなく
会話も減る今の世の中では、
小さいと思ったが、結局は大きな悟りを与えるメッセージがあると思う。」
と映画『それだけが私の世界』の魅力を明らかにした。


かけがえのない兄弟ケミ(総合)

久しぶりにヒューマンドラマジャンルに挑戦したイ・ビョンホンは
「笑いを与え感動を与えるという分りやすい公式は、
映画史上、これまでに何度も繰り返されている」とし
「私たちの映画も明らかにその公式に従っているが、
多くの人がそのような映画を探して愛することは
感動の深さ色そんなディテールが違うからではないかと考えている」
と話し始めた。
彼は「『マスター』『南漢山城』のように
重いテーマを扱ったり、重い演技をする場合のように、
極端なキャラクターを演技する場合には、楽しさがあるが、困難もある。
より多くの想像をして、それに依存しなければならない時がありますが
その時は事実自信が無くなる」と打ち明けた。続いて
「現実に沿ったキャラクターを演技するときは、
経験した感情だから自信があって、楽な部分がある」と述べた。

イ・ビョンホンは
「制作費が映画出演を決定する思いはない。
シナリオが心をどのように動くかがカギ」とし
「生活と現実に近い話を久しぶりにすることができ、
自分も新鮮だったし、たくさん笑うことができ、楽しい撮影だった」
と伝えた。

特にイ・ビョンホンは、
弟ジンテ役で呼吸を合わせたパク・ジョンミンに対して
賞賛を惜しまない姿でスクリーン外でも「兄弟ケミ」を誇示した。

イ・ビョンホンは『インサイダー』で
主演男優賞を総なめにした当時行く先々で
新人賞を受けるパク・ジョンミンに会ったとしながら
その時も、この友人の作品を見ていなかった。
どのように演技をしたのかと気になりながら作品を探してみた。
『ドンジュ』『見張り』『アーティスト』を観てみて
改めてびっくりした記憶がある」とし
「新人だと考えられないほど巧妙な演技をしてたよ」と語った。

彼は「呼吸を合わせるときは、別の問題だ。
その友人が演技を見事にしても呼吸とケミはまた別の問題だが、
どんなに飛び出そうが瞬発力に対処する彼の姿を見ながら、
本当に気を引き締めなければならないと思い演じた」とし
「これからがとても期待される俳優」と強調した。

サヴァン症候群がある弟ジンテキャラクターを引き受けたパク・ジョンミンは
リアルな自閉症児の演技に加え、
ピアニスト顔負けの演奏シーンをCGや代役なしで
直接消化して感心をかもし出した。
特にパク・ジョンミンは
「この映画まではピアノを触ったことがない」
と明らかにし、さらに驚きをもたらした。

パク・ジョンミンは
「意欲だけで私はすべてしてみますと失言をしたため、
最初のミーティングが終わって家に帰る途中で
ピアノ教室に登録した。
そして、何とかやり遂げなければという考えに
一日にかなりの時間をピアノに投資した」とし、
「ある瞬間、監督が自宅でも弾けるようにとピアノを買ってくれた。
家でも続けてもそれでも難しい」と打ち明けた。
彼は「映画に出てきた曲よりも多くの曲を練習しなければならず、
絶えず努力をした。よく見せれたのか分からない。熱心にした」と述べた。

マイクを渡されたイ・ビョンホンは
「ピアノをCGなしで行くいうのだ。
本当に大変だし、100%不可能だろうと思った」とし
「これをこなすのを見て監督の意志もすごいが、
パク・ジョンミンという俳優が、普通のこだわりの男ではないんだと思った。
本当にすごい。
演技が上手にしながら俳優があきらめずに
ピアノを並行するならばどんなにか大変と思うほど感動的だった」
と付け加えた。

劇中イ・ビョンホン、パク・ジョンミンと母子演技をしたユン・ヨジョンは
二人の俳優が本当に息子のように感じられた瞬間があったのかという質問に、
「息子のように感じられた瞬間は、イ・ビョンホンは難しすぎてなかった」
と冗談を言って注目を集めた。

ユン・ヨジョンは
「ジンテ(パク・ジョンミン)は、少しあった。私の中では」と笑いながら、
「二人は本当に上手だ。さっき申し上げたように
熟成した醤油が美味しいように
演技も長くすると、うまくいくならどのよう良いか」と
イ・ビョンホンとパク・ジョンミンを賞賛した。

続いてユン・ヨジョンは
「実際は一人は育てた子は、一人は、産むだけで育てた子ではない。
イ・ビョンホンが難しいのは、育てた子ではないから
顔色を見なければならなかったから」と説明した。

ユン・ヨジョンは
「私も挑戦してみたのは方言を使った。
私がすることにしたのを途中で後悔した。
英語よりも困難だったよ。とても間違っていました。
私の失敗作だ。申し訳ない」と打ち明けて笑いを抱かせた。

チェ・ソンヒョン監督は
「実際に弾くとエネルギーが違うと考えて、
パク・ジョンミン、ハン・ジミンなどに、
実際に演奏をするようにした」とし
「誰もが不可能だとし、私もその方たちがこなせるとは思わなかった」
と告白した。
チェ監督は「ありがたく不思議で感嘆した」
と付け加えた。


往年のチャンピオンだが今は行き場なくて漫画喫茶を転々とする境遇
信じるべきことは拳しかないのにそれさえも不十分です。
無関心なようにゲーム機のジョイステックを摘み取って、
すぐゲームにどっぷり浸かって勝とうとやきもきします。
ジャージにショートパンツ姿で家と家の外をうろつく彼は
態度見れば不良だがさらに見れば善良で
もっと見ればお粗末なことがこの上ないお兄さんです。

イ・ビョンホンの別の姿にマスコミ配給試写会でも質問が殺到しました。
意外にイ・ビョンホンは
「個人的にはかなり似ている部分があると思う」とし
「どの部分と話すことができない部分が似ている」と打ち明けた。
まず、映画を見た知人、所属事務所の関係者さえ
「人はよく知らない普段のイ・ビョンホンの姿と似ている」
と口をそろえます。
イ・ビョンホンは「友人達は私をよく知っているんだなぁと思った」
と冗談を言いました。

気がかりなことが解けなくてインタビューでもう一度尋ねました。
自ら「ホダン気質(天然)」を認めたのです。
「実際にゲームをたくさんはしないけれど
ジョイステックを摘み取る瞬間若干変わる部分があります。」
小さいジョイステックを摘み取って勝とうと焦るワールドスターイ・ビョンホンを、
スクリーンで見ることができると思うと何気に笑える。
映画でホダン美パレードを広げるイ・ビョンホンは映画のユーモア担当です。

# by leechanlbh | 2018-01-07 10:26 | それだけが僕の世界
3日ショーケース youtube
영화 그것만이 내세상 쇼케이스











歌「それだけが私の世界」6:30~


LBHブレイクダンス 3:40~



# by leechanlbh | 2018-01-07 09:56 | それだけが僕の世界
|ページトップ|